検索
  • 養浩館道場 館長

モチベーション その功罪

経験豊かな優れた指導者にとって、子どものモチベーションを上げるのはさして難しいことではない

でもそうやって誰かに上げてもらったモチベーションが長続きすることはない


つまずくと嫌になる

自分の力で壁を越えることが出来ない


多くの親は何とかして我が子のモチベーションを上げようとする

勉強、スポーツ、習いごと...

なんでもいいから成功体験を積んで欲しい、やる気になれるものに出会って欲しい、そう願う

でも、子どもたちは、親が必死になればなるほど「親を喜ばせるため」「親の機嫌をとるため」に頑張るだけだ

これは本当のモチベーションと似て非なるものだ

親や指導者からモチベーションを上げてもらうことに慣れた子は受け身でいることに慣れてしまう

これが一番怖い

誰かに上げてもらったモチベーションでも、それで結果が出て自信となって、自分からやりたいと思う本当のモチベーションに変化すればいい

そう期待するのだろう


実は全く逆だ

一度受け身で上手く行く体験をした子が自ら主体的に行動する子に変わるのは至難だ

モチベーションは周囲から上げてもらうものでも指導者に上げてもらうものでもない

何年かかっても自分自身で見つけ出し作り上げていくものだ

大人にとって大切なことは、子どもが自らやる気を出す迄我慢することだ

110回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あの頃の俺、頑張ってたよな

夏が終わり中学3年生たちは部活を引退。 朝練→授業→部活→夜は道場→帰宅して宿題... 来る日も来る日も... キツかったと思う。 「あの頃の俺、頑張ってたよな」 そう思える時間を仲間と過ごした思い出は、将来に亘ってきっと支えになってくれる。

感動のパラリンピック

東京パラが鮮烈な印象を残して閉幕。 選手たちはあまりにも爽やかで清々しかった。 大切な機能を失った時、自分の存在を否定せずにいられなかったのは一度や二度じゃなかったはずだ。その絶望感は想像もつかない。 不自由な身体を引きずりながら、いつもただひたすらに勇気を奮い起こし自分の限界に挑戦してきたんじゃないか。 「これ以上は無理じゃないか?」「もう十分頑張った。もうやめていい」そんな内なる声と日々葛藤し

目標を目指すことの意味

「強くなりたい!」「負けたくない!」これが全ての原点 成長するに従い、目標を持ち、本気で目標を目指すようになる 目標を決めた瞬間から様々なハードルや壁に直面する 本気で目指すほど次々と壁は押し寄せる 目標を目指すということはそれを超え続けるということだ 「自分には超えられない」「そこまでは無理」と気が遠くなることも幾度となくあるだろう 「こんなもんでいいや」と妥協したくなることも数限りなくあるだろ