検索
  • 養浩館道場 館長

モチベーション その功罪

経験豊かな優れた指導者にとって、子どものモチベーションを上げるのはさして難しいことではない

でもそうやって誰かに上げてもらったモチベーションが長続きすることはない


つまずくと嫌になる

自分の力で壁を越えることが出来ない


多くの親は何とかして我が子のモチベーションを上げようとする

勉強、スポーツ、習いごと...

なんでもいいから成功体験を積んで欲しい、やる気になれるものに出会って欲しい、そう願う

でも、子どもたちは、親が必死になればなるほど「親を喜ばせるため」「親の機嫌をとるため」に頑張るだけだ

これは本当のモチベーションと似て非なるものだ

親や指導者からモチベーションを上げてもらうことに慣れた子は受け身でいることに慣れてしまう

これが一番怖い

誰かに上げてもらったモチベーションでも、それで結果が出て自信となって、自分からやりたいと思う本当のモチベーションに変化すればいい

そう期待するのだろう


実は全く逆だ

一度受け身で上手く行く体験をした子が自ら主体的に行動する子に変わるのは至難だ

モチベーションは周囲から上げてもらうものでも指導者に上げてもらうものでもない

何年かかっても自分自身で見つけ出し作り上げていくものだ

大人にとって大切なことは、子どもが自らやる気を出す迄我慢することだ

閲覧数:128回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高梨沙羅選手の北京オリンピック後のInstagramの謝罪コメントに対して、混合団体のチームメイト佐藤幸椰選手がTwitterでメッセージ。 「なにひとつも奪われていない。絶望しない限り、希望は失われない。」 「あなたのジャンプが多くの人の人生を明るく変えたことはあっても、私の人生を変えた事実などどこにも存在しない。」 「時間はかかっても顔を上げて周りを見渡して欲しい。そこにはあなたが与えた喜びで

北京オリンピック/スキージャンプ混合団体戦で失格した高梨沙羅選手のInstagramのコメントを読んだ 涙が出る 私たち大人は、知らず知らずのうちに若者や子どもたちに色んなものを背負わせてしまっている 様々な経験を積んだはずの私たちが若者や子どもたちに本当に伝えるべきは 「頑張れ」ではなく 勝負の向こうに勝敗を超えた大切なものがあるということ

全力で指導し応援し、結果が出なかった時、指導者や親は落胆してはいけない それを見た子どもが責任を感じるから 小さな命を精一杯燃やして夢を追いかけたことを、思いきりの笑顔で出迎える 一緒に泣いたっていい でも笑いながら泣こう そして堂々と胸を張って一緒に帰ろう