検索
  • 養浩館道場 館長

感動のパラリンピック

更新日:9月7日

東京パラが鮮烈な印象を残して閉幕。

選手たちはあまりにも爽やかで清々しかった。

大切な機能を失った時、自分の存在を否定せずにいられなかったのは一度や二度じゃなかったはずだ。その絶望感は想像もつかない。

不自由な身体を引きずりながら、いつもただひたすらに勇気を奮い起こし自分の限界に挑戦してきたんじゃないか。

「これ以上は無理じゃないか?」「もう十分頑張った。もうやめていい」そんな内なる声と日々葛藤しながらの挑戦。

想像もつかない。

「好きなものを楽しんで一生懸命頑張る」ことが理想。

でも一度は否定した自分という存在を懸命に取り戻そうとする姿があってもいいんじゃないか?それが仮に悲壮感に満ちた姿だったとしても。

たくさんの時間をかけながら、自分を取り戻そうとまさに血の滲むような努力を続けたその先に、いつか自分のやってきたことが楽しめるようになることもある。

「失ったものを数えるな。残された機能を最大限に生かせ」これがパラの理念らしい。

これから数え切れない挫折や壁に直面するであろう子どもたち。

彼らに無限の可能性を示してくれたパラリンピアンたちと、このコロナ禍において様々な困難を乗り越えて開催・運営してくれたたくさんの大会関係者に心からの敬意と感謝を捧げたい。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あの頃の俺、頑張ってたよな

夏が終わり中学3年生たちは部活を引退。 朝練→授業→部活→夜は道場→帰宅して宿題... 来る日も来る日も... キツかったと思う。 「あの頃の俺、頑張ってたよな」 そう思える時間を仲間と過ごした思い出は、将来に亘ってきっと支えになってくれる。

モチベーション その功罪

経験豊かな優れた指導者にとって、子どものモチベーションを上げるのはさして難しいことではない でもそうやって誰かに上げてもらったモチベーションが長続きすることはない つまずくと嫌になる 自分の力で壁を越えることが出来ない 多くの親は何とかして我が子のモチベーションを上げようとする 勉強、スポーツ、習いごと... なんでもいいから成功体験を積んで欲しい、やる気になれるものに出会って欲しい、そう願う で

目標を目指すことの意味

「強くなりたい!」「負けたくない!」これが全ての原点 成長するに従い、目標を持ち、本気で目標を目指すようになる 目標を決めた瞬間から様々なハードルや壁に直面する 本気で目指すほど次々と壁は押し寄せる 目標を目指すということはそれを超え続けるということだ 「自分には超えられない」「そこまでは無理」と気が遠くなることも幾度となくあるだろう 「こんなもんでいいや」と妥協したくなることも数限りなくあるだろ