検索
  • 養浩館道場 館長

感動のパラリンピック

更新日:2021年9月7日

東京パラが鮮烈な印象を残して閉幕。

選手たちはあまりにも爽やかで清々しかった。

大切な機能を失った時、自分の存在を否定せずにいられなかったのは一度や二度じゃなかったはずだ。その絶望感は想像もつかない。

不自由な身体を引きずりながら、いつもただひたすらに勇気を奮い起こし自分の限界に挑戦してきたんじゃないか。

「これ以上は無理じゃないか?」「もう十分頑張った。もうやめていい」そんな内なる声と日々葛藤しながらの挑戦。

想像もつかない。

「好きなものを楽しんで一生懸命頑張る」ことが理想。

でも一度は否定した自分という存在を懸命に取り戻そうとする姿があってもいいんじゃないか?それが仮に悲壮感に満ちた姿だったとしても。

たくさんの時間をかけながら、自分を取り戻そうとまさに血の滲むような努力を続けたその先に、いつか自分のやってきたことが楽しめるようになることもある。

「失ったものを数えるな。残された機能を最大限に生かせ」これがパラの理念らしい。

これから数え切れない挫折や壁に直面するであろう子どもたち。

彼らに無限の可能性を示してくれたパラリンピアンたちと、このコロナ禍において様々な困難を乗り越えて開催・運営してくれたたくさんの大会関係者に心からの敬意と感謝を捧げたい。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高梨沙羅選手の北京オリンピック後のInstagramの謝罪コメントに対して、混合団体のチームメイト佐藤幸椰選手がTwitterでメッセージ。 「なにひとつも奪われていない。絶望しない限り、希望は失われない。」 「あなたのジャンプが多くの人の人生を明るく変えたことはあっても、私の人生を変えた事実などどこにも存在しない。」 「時間はかかっても顔を上げて周りを見渡して欲しい。そこにはあなたが与えた喜びで

北京オリンピック/スキージャンプ混合団体戦で失格した高梨沙羅選手のInstagramのコメントを読んだ 涙が出る 私たち大人は、知らず知らずのうちに若者や子どもたちに色んなものを背負わせてしまっている 様々な経験を積んだはずの私たちが若者や子どもたちに本当に伝えるべきは 「頑張れ」ではなく 勝負の向こうに勝敗を超えた大切なものがあるということ

全力で指導し応援し、結果が出なかった時、指導者や親は落胆してはいけない それを見た子どもが責任を感じるから 小さな命を精一杯燃やして夢を追いかけたことを、思いきりの笑顔で出迎える 一緒に泣いたっていい でも笑いながら泣こう そして堂々と胸を張って一緒に帰ろう