検索
  • 養浩館道場 館長

勝負弱さ

更新日:2020年12月24日

与えられて生きてきた子、褒められ、守られて生きてきた子は、数少ないチャンスに食らいついたり、欲しいものを得るためになりふり構わず必死になるということがない


貪欲さがない


胃がキリキリするようなプレッシャー=チャンスを楽しむ強さがない


キツくなってくると、さっさと勝負から降りてしまいたくなる


結果に拘るよりも努力や過程を大事にする「頑張ってる自分」に満足してしまう


そんな子たちこそ鍛え甲斐がある

全国大会上位入賞を目指して必死に頑張る意味がある




93回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あの頃の俺、頑張ってたよな

夏が終わり中学3年生たちは部活を引退。 朝練→授業→部活→夜は道場→帰宅して宿題... 来る日も来る日も... キツかったと思う。 「あの頃の俺、頑張ってたよな」 そう思える時間を仲間と過ごした思い出は、将来に亘ってきっと支えになってくれる。

感動のパラリンピック

東京パラが鮮烈な印象を残して閉幕。 選手たちはあまりにも爽やかで清々しかった。 大切な機能を失った時、自分の存在を否定せずにいられなかったのは一度や二度じゃなかったはずだ。その絶望感は想像もつかない。 不自由な身体を引きずりながら、いつもただひたすらに勇気を奮い起こし自分の限界に挑戦してきたんじゃないか。 「これ以上は無理じゃないか?」「もう十分頑張った。もうやめていい」そんな内なる声と日々葛藤し

モチベーション その功罪

経験豊かな優れた指導者にとって、子どものモチベーションを上げるのはさして難しいことではない でもそうやって誰かに上げてもらったモチベーションが長続きすることはない つまずくと嫌になる 自分の力で壁を越えることが出来ない 多くの親は何とかして我が子のモチベーションを上げようとする 勉強、スポーツ、習いごと... なんでもいいから成功体験を積んで欲しい、やる気になれるものに出会って欲しい、そう願う で