​剣道の魅力​

IMG_6891.HEIC

〜子どもが剣道を習うメリットとは?〜

 

①剣道の目的は「人間形成」

「剣道とは剣の理法の修練による人間形成の道である」

これは、全日本剣道連盟によって定められた

剣道を志すすべての指導者と子どもたちの共通の目標です。

剣道は日本の伝統文化であり、

身体や技術を鍛えるとともに、心を磨くことを目的としています。

剣道の最大の魅力、それは「人間力」が得られることです。

②礼儀作法が身に付く

剣道は、1本を取った際にガッツポーズをすると、得点が取り消されます。

これはすべてのスポーツで、剣道だけです。

「礼にはじまり 礼に終わる」の言葉があるように

相手への礼儀・礼節、思いやり、そして感謝の気持ちは剣道のすべての基本です。

③姿勢が良くなる

剣道では、正座の姿勢や立ち姿まで指導されます。正しい姿勢が、強い剣道の土台を作るからです。

最近はスマホやゲーム等により猫背の子どもが増えているそうです。

剣道の稽古をつむと、自然と姿勢が良くなります。

④集中力がつく

剣道は一対一の競技で、目にも留まらぬ速さで勝敗を分けるため、

少しも気を抜くことができず

高い集中力が求められる競技です。

稽古中も常に高い集中力が求められるので

自然と集中力が身につき、剣道以外のことにも集中して取り組めるようになります。

⑤精神的に強くなる

剣道の試合は「心の動かし合い」とも言われています。

技術力やスピードも大切ですが、最後の勝敗を分けるのは

どれだけ「負けることを恐れない強い心」を持てたかどうかです。

自分より強い相手にも立ち向かい、

どんなにきつくても「もう1本!」と向かっていく、折れない心は

人生のさまざまな局面で役立ちます。

⑥判断力や決断力がつく

剣道は、試合が始まると場内は自分一人です。

誰も助けてくれません。

一瞬で決断し、捨て身の技を繰り出すためには、躊躇している暇はありません。

常に自分で考え、決断し、行動する力は

これから先の人生でさまざまな決断を迫られた際にも、きっと本人を助けてくれます。

〜剣道と他の武道のちがいは?〜

 

①体力差によるハンデが少ない

剣道は、体重による階級分けがありません。

体格が大きいから有利、というわけではないからです。

身体の小さい選手が、身体の大きい選手を一瞬で倒してしまうことも普通にあります。

他のスポーツに比べると、体格の違いが勝敗に及ぼす影響が

非常に少ない競技だと言えます。

②安全性が高くケガの危険性が低い

剣道は、実は傷害の非常に少ない安全性の高いスポーツです。

スポーツ安全協会のデータによっても、

傷害発生率はさまざまなスポーツの中でもかなり低い集計結果が出ています。

③生涯続けられる

現役の高校生・大学生剣士が、80歳の老先生に1本も打てない

というのは剣道ではよくある話です。

成長に限界がないからこそ、常に向上心を持ち続けることができます。

また、「世界最難関の資格」と言われる剣道八段を持つ指導者も

子どもと共に稽古し、共に学びます。

他のスポーツでは、なかなかないことです。

年代、性別、関係なく幅広い人と触れ合うことで、視野の広い人間に成長します。

​これを「交剣知愛(こうけんちあい)」と呼びます。