~「道場開き謝辞(H28.9.28)」より抜粋~

 5年前、22年間務めた住友信託銀行を退職しました。仕事をつまらないと思ったことはありません。プライドを持って、しっかりと質の高い仕事をしてきたとの自負もありました。でも、40歳を過ぎた頃から「どう生きる?」「自分の人生何に使う?」そう自分に問いかける日々の中に「自分を作ってくれた『剣道の持つ力』、その可能性をとことん追求してみたい」と考える自分がいました。今の子たちは総じて素直でいい子ですが、安定志向で心が折れやすいように思います。剣道を通じて「つらい道のりでも、その先にまだ見ぬ可能性を信じて頑張れる力」「先が見えない不安はあっても、夢や目標に挑戦するべく一歩を踏み出す勇気」を持った人間になって欲しい。物分かりが良くて諦めの早い子よりも、諦めの悪いガッツのある子を育てたい。そう考え、道場を立ち上げました。

 最初はゼロからのスタートでした。家族総出で来る日も来る日もポスティングし、学校帰りの小学生たちにチラシを手渡ししましたが、何カ月経っても見学の子すら来ません。せっかく見に来てくれても誰もいないと帰ってしまうからと、半年もの間、週4日広い体育館で毎日毎日娘と二人だけで稽古しました。その間、一言の文句も愚痴も言わずに稽古に付き合ってくれた娘には本当に感謝しています。その後道場生が増え、このたび自前の道場を建てました。途中下車はもう許されません。私たちはこれからも「強く、明るく、潔く、信念にあふれる心で」一歩、そしてまた一歩、この道をひたむきに前進していきます。