​「共に育て 共に育つ」
​「共育道場」

IMG_0560
IMG_0560

press to zoom
IMG_9489_edited
IMG_9489_edited

press to zoom
IMG_8883
IMG_8883

press to zoom
IMG_0560
IMG_0560

press to zoom
1/4

 養浩館道場は多くの人たちの良心に支えられています。都心に程近い道場なのでとても維持費がかかり、受け取った月謝は全額道場の維持運営費に回ります。そのため指導者は全員完全ボランティア、遠征の宿泊費等も全て自腹です。保護者の皆さんは、道場の掃除や遠征の車出し、道場の様々な用務を買って出て道場の「ひと作り」に力を貸してくださいます。「お当番」は必要ないので設けていません。

 頑張って稽古してるのに結果が出ない時もあります。そんな辛い時期を先輩道場生や保護者も同じように経験しています。だから、道場の中は見守ってくれる優しい目で溢れています。小さい頃から見てきた子どもたちが壁にぶつかり、悩み、もがきながら乗り越えてどんどん変化し成長していく姿に感動し「道場に関わってきて良かった」としみじみ感じます。この道場からこの国の未来を担う人材が育ち、そしていつかまたこの道場に戻って来て次の世代を育てることに力を尽くしてくれたら。この道場にはここにかかわる全ての大人のそんな願いが込められています。全てお任せの習いごとが普通になった今の時代において、この雰囲気を是非残したいと感じます。

 子どもは自分一人では到底出来ないことも仲間と一緒ならさらりと乗り越えていきます。野菜嫌いの子が夏合宿でパクパク生野菜を食べている姿を見て驚いたり、「こんなに頑張れたんだ!」と仕事でなかなか見に来れなかったお母さんが涙ぐんでしまったことも。子どもは仲間と共に育ちます。良い野菜を作るにはまずは土づくりから!子どもの成長には、見守る大人たちの優しい眼差しと切磋琢磨し支え合える仲間こそが大切です。